1987年創業、アメリカオレゴン州Hood Riverのクラフトビール「Full Sail Brewing(フルセイル ブルーイング)」。



まだ夏の空気が残る暑さを感じる夕暮れ。
フルセイルブルーイングの目の前を流れるコロンビア川に陽が落ちていくに従い、空の色は金がかった麦藁色に染まっていきます。
Strong Current DIPAシリーズ最新作Lazy Summer Haze Double IPAはそんな光景をイメージしています。


DIPAシリーズ最新作Lazy Summer Haze日本初上陸!
前回のHaze of The Gods Double IPAではストラタ、モザイクというホップをフィーチャーしましたが、
今回初上陸するLazy Summer Haze Double IPAはサブロを中心にモザイク、エクアノットをふんだんに使用しています。
ココナッツや柑橘、マンゴー、メロンなどを思わせる複雑で強烈なアロマと柔らかなモルトのボディが調和した飲み心地の良いHazy DIPAに仕上げています。




                                                     



A great beer starts with great water!

おいしいビールはおいしい水があってこそ。
その雄大な自然や環境に常にインスパイアされ、フルセイルのビールは生まれています。
「オレゴンのコロンビア川峡谷にある私たちのブルワリーは、常日頃、その土地からビール醸造、ミッション、スタッフのライフスタイルへ大きな影響をうけている」とブルーマスター、グレッグ・ドスはいいます。





DIPAシリーズ日本上陸第1弾Haze Of The Gods

シリーズ第1弾は、今年春に日本上陸したHaze Of The Gods Double IPAでした。
ホップにはストラタとモザイクを使用し、桃やパッションフルーツ、マンゴーのフレッシュなフレーバーを表現。
ジューシーで8.5%ながらふわっとした口当たりに驚くほどスムースな飲み口のヘイジーDouble IPAで、その度数を感じさせない危険なほどドリンカブルな1本でした。
名前の由来は、Cascade Locksという町に掛かる橋「神々の橋(Bridge of the gods)。
ネイティブ・アメリカンの伝説にちなんで名付けられた橋で、地元の雄大なコロンビアリバーに掛かる歴史的な名所です。



前回のHaze Of The GodsDouble IPA同様、アルコール度数8.5%ながらスルスル飲めてしまうLazy Summer Haze Double IPA。
地元フッドリバーの併設パブで地元ファンと対話を続けながら精度を上げてきたシリーズ第2弾をぜひお見逃しなく。
フルセイルの人気2種IPAとご一緒に飲み比べもおすすめです。

暑い日の夜、ちょっとダラダラしながら、ゆっくりとお楽しみください。